スポンサードリンク

Access でクエリから伝票レポートを作成する。

Access でクエリ Q08Slip から伝票レポートを作成してみましょう。クエリは伝票フォームを作成した時のクエリを、共通して使うことができます。

しかも Access では、レポートとフォームはほとんど同じ手順で作れるので、とても簡単です。フォームが作れるならレポートも作れます。

レポートの場合も、まずは伝票の上部分と明細部分を別々に作り、後で結合する手順になります。今回は Access で伝票レポートの上部分を作ります。


【1】Accessのファイル「SampleDB020.mdb」を起動します。


【2】オブジェクトで「レポート」を選択します。

access-query513.gif


【3】「ウィザードを使用してレポートを作成する」をダブルクリックします。

access-query514.gif


【4】「Q08Slip」を選択します。

access-query515.gif


【5】「>>」をクリックします。

access-query516.gif


【6】全てのフィールドが選択されていることを確認し、「次へ」をクリックします。

access-query517.gif


【7】グループレベルは指定せずに、そのまま「次へ」をクリックします。

access-query518.gif


【8】レコードを並べ替える方法も指定せずに、そのまま「次へ」をクリックします。

access-query519.gif


【9】「単票形式」を選択して、「次へ」をクリックします。

access-query520.gif

*レポートが横長になりそうな時は、印刷の向きを「横」にしたほうが良いでしょう。


【10】「報告書」を選択して、「次へ」をクリックします。

access-query521.gif

*好きなスタイルを選んでかまいません。


【11】レポート名に「R02Slip」、「レポートをプレビューする」をチェックし、「完了」をクリックします。

access-query522.gif


【12】レポートが自動的に作成され、印刷プレビューで表示されました。続けてデザインを変更しましょう。デザインビューに切り替えます。

access-query523.gif


【13】レポートのデザインビューに変わりました。作業しやすいように、レポートの「詳細」部分の大きさを広げてください。

access-query524.gif


【14】上と左に表示されている目盛りを目安に、ラベルとテキストボックスを以下のように配置し直してください。

access-query526.gif

*余分な直線は削除してください。


【15】レポートヘッダーのラベルは「伝票」に変更してください。

access-query525.gif


【16】デザインの修正が済んだら、印刷プレビューに切り替えてみます。

access-query527.gif


【17】印刷プレビューで、データがちゃんと表示されることを確認してください。

access-query528.gif

上手く表示できない場合は、デザインビューと印刷プレビューを切り替えながら微調整します。

今回「単票形式」にしましたが、次のレコードも同じ画面に表示されています。これはフォームの時と少し違う部分です。今の段階ではそのままでかまいません。


【18】最後にレポートの変更を「上書き保存」します。

access-query529.gif


【19】保存したらレポートは閉じてください。


【ワンポイント】
Access でレポート上のテキストボックスの境界線を消したいときには、

テキストボックスのプロパティを表示し、
access-query531.gif

境界線スタイルを「透明」にすると消せます。
access-query530.gif


スポンサードリンク






Microsoft Access初心者入門講座 TOPへ