スポンサードリンク



Accessのvbaとは?

Accessのようなデータベースソフトウェアには、プログラミングが出来る統合開発環境と、プログラミング言語が備わっています。

Accessの場合は、プログラミング言語としてVBAが使われます。

VBAとは、Visual Basic for Application の略です。

VBAを使うとアクセスの処理を自動化できます。

つまりプログラミングができるわけです。

Accessには、他にもマクロという似たような機能があります。

マクロも同じように処理を自動化できます。

マクロの場合は、あらかじめ用意された命令を組み合わせることで、目的の処理を行います。

マッキントッシュでよく使われるFileMaker(Windows版もあり)にも同じような機能があります。

マクロとVBAの大きな違いは、
・慣れてくるとVBAのほうが処理の流れが見やすい
・VBAのほうが細かい処理ができる
ことなどです。

またAccessには、マクロをVBAに変換する機能もあります。

VBAとマクロは表裏一体のような感じ。

しかしVBAをマスターすると、ほとんどの人はマクロを使わなくなります。

VBAを使えば、どんな処理をしているか一目瞭然で、メンテナンスもしやすくなるからです。

だからAccess初心者にも、最初からVBAで学習することをおすすめします。

そのほうが上達の近道です。




この記事へのトラックバック

スポンサードリンク






Microsoft Access初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。