スポンサードリンク

Accessのvbaとは?

VBAは、Visual Basic for Application の略です。VBAを使うとアクセスの処理を自動化できます。つまりプログラミングができます。

Accessには他にもマクロという機能があり、マクロも同じように自動化できます。マクロはあらかじめ用意された命令を組み合わせることで目的の処理を行います。FileMakerにも同じような機能があります。

マクロとVBAの大きな違いは、
・慣れてくるとVBAのほうが処理の流れが見やすい
・VBAのほうが細かい処理ができる
などです。

AccessにはマクロをVBAに変換する機能もあります。しかしVBAをマスターするとほとんどの人はマクロを使わなくなります。

Access初心者にもVBAのほうをおすすめします。そのほうが上達の近道だからです。VBAはどんな処理をしているか一目瞭然で、メンテナンスもしやすくなります。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6551930
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク






Microsoft Access初心者入門講座 TOPへ