スポンサードリンク



データベースの種類

Accessのようなデータベースは大きく分けると、
・個人(または小規模オフィス)向け
・商用向け
・オープンソース
の3つに分類できます。

個人向けではAccessやFileMakerが有名です。

商用向けにはOracle、Microsoft SQL Server、Sybase。

オープンソースにはInterbase、MySQL、PostgreSQLなどがあります。

普通データベースは、システムの規模、構成、ユーザー数、開発コスト、開発言語などを考えて最適なものを選択します。

また個人向け以外は、ユーザー側のPCにソフト(操作画面)だけを置き、データへのアクセスはデータベース自身に行わせます。

そのため、ソフトウェア、データベース、帳票類が別々の会社の商品で作ることも可能です。

組み合わせの選択肢が多いわけです。

例えば、ユーザー側の画面はAccessやVBで作り、データベースにはOracleを使い、帳票はまた別の会社なんて組み合わせができたりします。

自由に選べることはもちろん大きなメリットではありますが・・・

でもデータベース初心者にとっては、複数のソフトウェアを使いこなさなければならないため、最初はかなり難しいと言えます。

またもしトラブルが発生した場合も、
どの会社の商品の影響なのか?、またはプログラマーが書いたプログラムに原因があるのか?など、幅広い知識と経験がなければ解決できません。

それに比べてAccessは、一つのアプリケーションソフトの中に、
操作画面(フォーム)、データベース(テーブル)、帳票類(レポート)など、一通りの機能を持っていますので、
初心者でも簡単にデータベースを設計することができます。

仮にトラブルが発生しても、一つのアプリケーションソフト内だけなら原因を特定しやすいので初心者には適していると言えます。



スポンサードリンク






Microsoft Access初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。