スポンサードリンク

コンボボックスで入力が便利なようにする。

前回までに作成した販売伝票の画面を見てみましょう。CST_CDとGOODS_CDがテキストボックスになっています。テキストボックスにはテーブルに存在する番号を入力しなければなりません。しかしCST_CDが1の顧客が誰なのか、いちいち調べていては手間がかかります。GOODS_CDも同様です。

access-query459.gif

そこで今回はテキストボックスをコンボボックスに変更します。コンボボックスを使うと表示は文字で見やすく、入力は数字で行うことができます。


【1】Accessのファイル「SampleDB020.mdb」を起動します。
*簡単な操作は省略していきます。


【2】オブジェクトで「フォーム」を選択します。

access-query345.gif


【3】フォーム「F03Slip」を選択して、「デザイン」をクリックします。

access-query441.gif


【4】CST_CDのテキストボックスを右クリックして、メニューを表示します。「コントロールの種類の変更 → コンボボックス」を選択します。

access-query442.gif


【5】CST_CDがコンボボックスに変更されました。

access-query443.gif


【6】CST_CDのコンボボックスを右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択します。

access-query444.gif


【7】CST_CDのプロパティが表示されました。プロパティのタイトルがCST_CDになっていることを確認してください。

access-query445.gif


【8】「すべて」タブを選択します。

access-query446.gif


【9】プロパティを以下のように設定します。設定したらプロパティは閉じてください。

・値集合ソース T04Customer
・列数 2
・列幅 1cm;2cm
・連結列 1

access-query447.gif

値集合ソースとはコンボボックスに表示されるデータの基になる、テーブルやクエリのことです。列数が2ということは、テーブルやクエリから2列表示します。その2列の列幅が各1cm;2cmです。連結列は最終的に保存する列のことで、CST_CDは数値型しか入力できないので、コンボボックスに表示した2列のうち1列目を指定します。

access-query460.gif


【10】フォームビューで確認します。CST_CDのコンボボックスをクリックします。

access-query448.gif


【11】CST_CDが一覧から選択できるようになりました。試しにCST_CDが「2」の顧客を選択してください。

access-query449.gif


【12】顧客名、性別、住所が自動的に変わりました。

access-query450.gif

CST_CDのコンボボックスで重要なポイントは、表示はCST_CDとCST_NAMEで行い、実際に入力しているのは1列目のCST_CDです。


【13】それでは復習を兼ねて、GOODS_CDをコンボボックスに変更して設定を行ってください。以下にヒントを掲載します。

access-query462.gif


・値集合ソース T06Goods
・列数 2
・列幅 1cm;4cm
・連結列 1
・リスト幅 5cm リスト幅は列幅の合計にしてください。

access-query463.gif

access-query465.gif


access-query464.gif


*連結列は必ず「1」とは限りません。例えばクエリを値集合ソースに使った場合は、クエリで表示順を自由に設定できるので、CDが1列目とは決まりません。


スポンサードリンク






Microsoft Access初心者入門講座 TOPへ