スポンサードリンク

販売伝票の動作を確認しましょう。

前回までに作成した販売伝票の動作を確認します。全体の動きや自動表示されるフィールドからクエリがどのように働いているか復習してください。

なぜDETAILS_CDやSLIP_CDが自動で入力されるのかも大事なポイントです。動作を確認しながら考えてみてください。


【1】Accessのファイル「SampleDB020.mdb」を起動します。
*簡単な操作は省略していきます。


【2】オブジェクトで「フォーム」を選択します。

access-query345.gif


【3】フォーム「F03Slip」を選択して、「開く」をクリックします。

access-query423.gif


【4】伝票の移動ボタンでレコードを前後に移動して、上手く表示されるか確認してください。

access-query424.gif


【5】次は伝票を新規作成してみましょう。「*」の付いた移動ボタンをクリックします。

access-query425.gif


【6】新規入力画面になりました。伝票にも明細にもまだ何もデータが入力されていません。

access-query426.gif


【7】SLIP_DATEに日付を入力します。

access-query427.gif


【8】CST_CDを入力します。

access-query428.gif

CST_CDは存在する番号を入力してください。
access-query439.gif


【9】CST_CDから他のフィールドに移ると、値が確定され顧客名、性別、住所が自動で表示されます。これはクエリの働きによるものです。

access-query429.gif


【10】GOODS_CDを入力します。

access-query430.gif

GOODS_CDは存在する番号を入力してください。
access-query440.gif


【11】GOODS_CDから他のフィールドに移ると、値が確定され商品名、単価が自動で表示されます。これもクエリの働きです。

access-query431.gif


【12】AMOUNT(数量)を入力します。

access-query432.gif


【13】AMOUNTから他のフィールドに移ると、値が確定され P*A(単価×数量) が自動で表示されます。これもクエリの働きです。

access-query433.gif


【14】MEMOを適当に入力してください。

access-query434.gif


【15】次の明細レコードに移ると前のレコードが確定し、TOTALが再計算されます。

access-query435.gif

TOTALはフォーム上のテキストボックスのプロパティに、関数SUMを使って設定しました。


【16】以下のように明細レコードを適当に入力して、自動表示や計算が上手く動作しているか確認してください。

access-query436.gif


【17】今回最も重要なポイントです。DETAILS_CDはオートナンバーですので自動的に入力されます。SLIP_CDは数値型ですがサブフォームの設定を行ったことにより、伝票部分のSLIP_CDが明細のSLIP_CDに自動的に入力されます。

access-query437.gif


スポンサードリンク






Microsoft Access初心者入門講座 TOPへ