スポンサードリンク

クエリで複数のテーブルを結合する

今回はAccessのクエリを使って複数のテーブルを結合する方法を学びます。使うテーブルはT01Prefecture、T02City、T03Townの3つです。都道府県名、市町村名、地域名まで表示してみます。

テーブル数は増えますが基本的な考え方は前回と同じです。同じ名前のフィールドがある場合は、どちら側のテーブルにあるフィールドを使ったらよいのか考えながら進めてください。

各フィールドの意味は以下の通りです。
・TOWN_CD 地域CD
・CITY_CD 市町村CD
・ZIP_CODE 郵便番号
・TOWN_NAME 地域名


【1】Accessのファイル「SampleDB020.mdb」を起動します。
*簡単な操作は省略していきます。


【2】オブジェクトで「クエリ」を選択します。

access-query135.gif


【3】「デザインビューでクエリを作成する」をダブルクリックします。

access-query213.gif


【4】テーブル「T03Town」を選択し、「追加」ボタンをクリックします。追加したら「閉じる」ボタンをクリックします。

access-query237.gif


【5】テーブル「T03Town」が追加されました。デザインビューを適当な大きさに広げてください。

access-query238.gif


【6】画面下にフィールドを追加します。左からTOWN_CD、CITY_CD、ZIP_CODE、TOWN_NAMEの順になるようにしてください。

access-query239.gif


【7】データシートビューで確認すると地域の一覧が表示されました。

access-query240.gif

しかしこのままでは地域がどの市町村に属しているのかわかりません。CITY_CDがありますので、市町村名を参照してみましょう。


【8】デザインビューに戻りテーブルを追加します。ツールバーから「テーブルの表示」をクリックします。

access-query241.gif


【9】テーブル「T02City」を追加します。追加したら閉じてください。

access-query242.gif


【10】T02Cityが追加されました。2つのテーブルはCITY_CDで関連付けられて線で結ばれています。

access-query243.gif


【11】CITY_NAMEをダブルクリックして追加します。

access-query244.gif

*CITY_CDはT03Town側のままなのがポイントです。同じフィールド名がある場合は多側のフィールドを使います。


【12】データシートビューで確認すると、地域に対応する市町村名が表示されました。これはCITY_CDをもとに市町村名を参照しているからです。

access-query245.gif

次は都道府県名も表示してみましょう。


【13】テーブル「T01Prefecture」を追加します。追加したら閉じてください。

access-query246.gif


【14】T01Prefectureが追加されました。PREF_CDで関連付けられて線で結ばれています。

access-query247.gif


【15】PREF_NAMEをダブルクリックして追加します

access-query248.gif


【16】データシートビューで確認すると、都道府県名も表示されました。

access-query249.gif


【17】デザインビューでPREF_NAME、CITY_NAME、TOWN_NAMEの順にフィールドを並べ替えます。

access-query250.gif


【18】データシートビューで確認すると、今度は見やすい順で表示されています。

access-query251.gif


【19】全ての地域を表示するとレコード数が12万件を超えますので、絞込みができるようにしてみましょう。今回は文字によるあいまいな抽出ができるようにします。各抽出条件を入力してください。

PREF_NAMEの 抽出条件:  Like '*' & [都道府県名を入力してください。] & '*'
CITY_NAMEの 抽出条件:  Like '*' & [市町村名を入力してください。] & '*'

access-query252.gif


【20】データシートビューで確認します。各パラメータにはPREF_NAMEは「東京」、CITY_NAMEは「港」と入力してください。

access-query253.gif

あいまいな抽出ができますので、入力する文字は一部分でかまいません。


【21】東京都港区の地域一覧が抽出されました。

access-query254.gif

複数の地域が表示される場合は、パラメータの文字を多くするとさらに絞り込まれます。
例 東京都 港区


【22】自分の身近な地域を抽出してみてください。


【23】クエリを保存します。クエリ名は「Q05Town」としてください。

access-query255.gif


【24】クエリを保存したら一度クエリを閉じます。


【25】データベースウィンドウにクエリ「Q05Town」が作成されています。

access-query256.gif


【26】今回PREF_CDは使いませんでしたが、もしPREF_CDを追加するとしたらどのテーブルのPREF_CDを追加したらよいでしょうか?答えはT02City側のPREF_CDです。

access-query257.gif


そろそろクエリの使い方にも慣れてきたころではないでしょうか。住所に関するクエリの基本はこれで終了です。次はクエリで作った住所を活用してみましょう。


スポンサードリンク






Microsoft Access初心者入門講座 TOPへ