スポンサードリンク



Accessを初心者が難しく感じる理由とは?その解決方法。

Access(アクセス)のようなデータベースを初心者が難しく感じる理由を、私の体験談から考えてみました。

そして壁を乗り越えるコツというか、解決方法も書いておきました。

表計算ソフトを使える人は多いけれど、データベースも使える人はまだまだ少ないですよね。

データベースは、慣れるととても便利なソフトウェアなのでもったいないです。

私自身、表計算ソフトのExcel(エクセル)は普通に使えていたのに、

初めてのデータベースとなるAccessにはかなり苦戦した経験がありますw

今考えるとエクセルの場合は、データとデザインを同じ場所で操作するので、初心者が理解しやすいんです。

例えばワークシートのセルにデータを入力して、
それに色を付けたり、文字サイズを変更したり、計算したりは直感的になんとなくイメージし易いです。

だからExcelは操作さえ覚えれば、初心者でもある程度の事はすぐにできるわけです。

それに対してAccessのようなデータベースソフトでは、
データはテーブルに保存して、
クエリでデータを加工(クエリを通して入力も可能)、
フォームで入力(テーブルに直接入力も可能)、
レポートで帳票として表示したり印刷する
という流れになります。

ソフトウェアの操作だけ覚えてもダメなんです。

同時にデータベース的思考も習得しないと使いこなせません。

表計算的思考から、データベース的思考に切り替えられるかがカギとなります。

データベース初心者が最初に戸惑うのは、

データをテーブルに保存するところでしょう。

しかも複数のテーブルに分けて保存します。

この部分の考え方が初心者には難しく感じるのです。

表計算のように一つのテーブルに全て保存することは簡単です。

でもデータベースでは、データの重複という無駄を省くために、またデータの整合性を保つために、データは種類ごとにテーブルを分けて保存します。

そして必要な時には、クエリでデータを結び付けることで、目的のカタチに表示するといった感じになります。

データベース独特のこの感覚さえ掴めれば、あとはもう上達が早いです。

文字だけで書くと難しい感じがすると思いますが、

ステップごとに順を追って学んでいくと、初心者でもデータベースを習得できますよ。



スポンサードリンク






Microsoft Access初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。