スポンサードリンク

Accessの種類はいくつか選択肢がある。

Access(アクセス)をパソコンにインストールする時、種類がいくつかあります。

まずAccessは、これまでにも何度かバージョンアップを重ねてきたので、
Access2013、2010のようなバージョンの違いがあります。

バージョンについては、最新版を選べば問題ないでしょう。

実はAccessは、バージョン以外にも、いくつか種類があるのです。

それはAccessをパソコンにインストールするため、
購入する時によく考えて選択する必要があります。

Accessを購入する時に、普通考えるのは、単体版を買うことですよね?

でも単体版以外にも、

Office Professional や、Office 365 Soloにも、

データベースソフトのAccessが含まれています。

ではどれを選べばよいのか?

最近のパソコンは、Microsoft社のOfficeが、プリインストールされていることが多いですよね。

ただしプリインストール版の場合は、
ExcelやWordは入っているのですが、Accessは含まれていないことがほとんどです。

その場合は、Accessの単体を追加で購入したほうが良いでしょう。

無駄が無いからです。

もしOfficeがプリインストールされていない場合は、

表計算ソフトやワープロソフトを、他のOffice製品(GoogleやOpenOfficeなど)で代用できるなら、

こちらもAccess単体だけ購入すれば済みます。

ExcelやWordはもちろん、Accessも使いたい場合は、

全てのソフトウェアが含まれているOffice Professionalを選んだ方が良いと思います。

しかしOffice Professionalは、ちょっと高額です。

そこで、Officeがプリインストールされていないパソコンで、

常に最新版のOffice製品を使いたい、さらに月払いが良いという人は、

Office 365 Soloも選択肢として有力になるでしょう。

Office 365 Soloの場合、年払いだと、毎月約1,000円ちょっとで済むからです。

最新版が使えるのもメリットが大きいし。

スポンサードリンク






Microsoft Access初心者入門講座 TOPへ