スポンサードリンク

Accessのバージョンの種類と、切り替えについて。

Access(アクセス)には、いくつかのバージョンがあります。

1992年のMicrosoft Access 1.0から始まり、この記事を書いている2014年7月時点での最新バージョンは、Access 2013です。

この間、何度かバージョンアップをしています。

Access 2000からは、だいぶ使いやすくなり、データベースとしての完成度が向上しました。

普通のビジネスで使えるレベルのリレーショナルデータベースとしての機能は、一通り揃いました。

また初心者でも使いやすいので、専門のプログラマーだけでなく、一般ユーザーでも使う人が増えました。

その後は、Access 2002(XP)、2003、2007、2010、2013とバージョンアップしてきました。

バージョンアップする度に、セキュリティー面で強化されたり、リボンインターフェイスが取り入れたり、機能面でも向上しました。

当Access入門講座の画像には、これまでAccess 2000の画面を使って説明してきました。

理由は、過去のバージョンでも学べるようにするためです。

さすがにAccess 2000以前のバージョンを使っている人は、ほとんどいないでしょう。

Access2000で説明しておけば、それより上位のバージョンなら、読み替えるだけで、学習を進められるからです。

しかし、2014年4月にWindows XPのサポート終了により、この機会に新しいパソコンへの買い替えが進みました。

そのため、OSではWindows8.1が増えたことで、今後Accessを購入するなら、2013以降の新バージョンになるはずです。

もし新しいバージョンが出ても、すぐに買い換えるのは、一部の人だと予想されます。

しばらくはAccess2013のシェアが高いであろうことから、

ここからの入門講座の記事は、Access2013の画面で説明することにしました。

ご了承ください。

ps:
これまでにAccess2000で作成した記事、画像はそのまま残すので、ご安心ください。

新たに追加する記事に関しては、新バージョンにするという意味です。

また、入門講座ですから、できるだけ今後も、古いバージョンにもある機能を使います。

プログラムも同様ですから、今持っているAccessのままで大丈夫です。

追記
2016年5月現在の最新版は、Access2016です。

スポンサードリンク






Microsoft Access初心者入門講座 TOPへ