スポンサードリンク

AccessのVBAを使って、目的のレコードのレポートだけを表示する方法。

Accessでは、VBAを使うと、フォームから目的のレコードの伝票レポートだけを表示することが出来ます。

データベースのレコード数が多い時は、便利な機能です。

イメージとしては、以下のような感じです。

まず伝票の一覧を表示するフォームを作り、コマンドボタンを配置します。

access-004.gif

フォーム ビュー画面で動作を確認すると、
コマンドボタンは、レコード毎に表示されます。

access-006.gif

各伝票のコマンドボタンをクリックすると、

access-002.gif

該当する伝票レポートだけを表示できます。

access-003.gif

この機能は、既存のレポートやクエリが使えるので、
フォームを一つ追加して、VBAプログラムを1行書くだけで、実現することができます。

access-005.gif


Private Sub cmdPrint_Click()
  DoCmd.OpenReport "R02Slip", acViewPreview, , "SLIP_CD = " & Me.SLIP_CD
End Sub


上記のようなフォームを実現するには、どうしたらいいか?

課題として、挑戦してみてください。

これまでに学んだ知識で出来ます。

【ヒント】
伝票の一覧を表示するフォームは、ウィザードで作り、
デザイン ビュー画面で、ちょっと調整するだけです。

フォーム名は、「F05SlipAll」としてください。

レポートは、これまでに作った「R02Slip」をそのまま使うので、
新たに作成する必要はありません。

解答例は、あとで掲載します。

でも出来るだけ、ご自身で考えてみてください。

そのほうがプログラミングが上達します。

スポンサードリンク






Microsoft Access初心者入門講座 TOPへ