スポンサードリンク

Access クエリの使い方 準備編

Accessでクエリを使うと、データを抽出したり、並べ替えたり、計算することができます。他にもクエリには様々な機能があり、Accessが上達できるかどうかはクエリが理解できるかにかかっています。

Access以外のデータベースでもクエリの重要性は一緒です。まずは簡単なAccessでクエリの基本的な使い方を学びましょう。

クエリを学ぶにはAccessで空のデータベースを作り、その中にいくつかテーブルを用意する必要があります。今回はクエリ練習用のデータベースの作成手順を説明します。

【1】スタートからAccessを起動します。

access-query01.gif


【2】「空のデータベース」を選択し、「OK」をクリックします。

access-query02.gif


【3】新規作成ダイアログが表示されたら、適当なフォルダを指定します。ファイル名に「クエリ練習.mdb」とし、「作成」をクリックします。

access-query03.gif


【4】新しいデータベースが作成されました。

access-query04.gif


【5】オブジェクトで「テーブル」を選択し、「新規作成」をクリックします。

access-query05.gif


【6】テーブルの新規作成ダイアログが表示されたら、「デザインビュー」を選択し、「OK」をクリックします。

access-query06.gif


【7】テーブルのデザインビューでフィールド名、データ型を以下のように指定します。

access-query07.gif


【8】分類CDの行を選択し「主キー」をクリックします。

access-query08.gif


【9】分類CDに主キーが設定されました。

access-query09.gif


【10】「保存」をクリックします。

access-query10.gif


【11】保存ダイアログが表示されたら、「T01分類マスター」と入力し、「OK」をクリックします。

access-query11.gif


【12】テーブル名がT01分類マスターになりました。

access-query13.gif


【13】「ビュー」をクリックします。

access-query14.gif


【14】以下のように分類CDと分類名にデータを入力します。

access-query15.gif


【15】保存したらT01分類マスターは閉じます。


【16】同じ要領で、T02食品マスターを作成しデータを入力します。

access-query16.gif


これでクエリ練習用のデータベースができました。次回からはクエリを使ってデータを加工し表示する方法を解説します。




スポンサードリンク






Microsoft Access初心者入門講座 TOPへ