スポンサードリンク

Access 販売伝票のレポート作成

前に作成したクエリを基に、伝票のレポートを作成します。

■完成図

s01-DR01.gif

クエリはQ01伝票とQ02明細の2つを使用します。
(ステップ12・販売伝票のクエリ作成 で作成済み)

伝票レポートも伝票フォームとほとんど同じ手順で作れます。違いは明細のラベルを伝票のほうへ移動することだけです。

それでは設定の手順を解説します。


*初めての方はステップ1からご覧下さい。基本的なことから説明しています。
細かい説明は省略しますので、デザインを参考に完成させてください。


【1】前回作成したAccessのファイルを起動します。


【2】「Q01伝票」を基にレポート「R03伝票」を作成します。

s01-DR02.gif


【3】「Q02明細」を基にレポート「R04明細」を作成します。


【4】R04明細に新しくテキストボックスを2つ追加します。

s01-DR03.gif

*明細のラベルは伝票のほうへ移動してください。


【5】テキストボックスのプロパティを表示して図のように設定します。

「金額」のプロパティ
名前:金額
コントロールソース:=([単価]*[数量])
書式:通貨
s01-DR04.gif

「合計」のプロパティ
名前:合計
コントロールソース:=Sum([単価]*[数量])
書式:通貨
s01-DR05.gif


【6】R03伝票にR04明細を組み合わせます。

R03伝票をデザイン画面で表示して、ツールボックスを表示します。コントロールウィザードをオンにした状態で、サブフォーム/サブレポートをクリックします。

s01-DR06.gif


【7】サブレポートを配置する場所をマウスで囲むとウィザードが表示されます。


【8】「R04明細」を選択して、「次へ」をクリックします。

s01-DR07.gif


【9】伝票NOでリンクするので、そのまま「次へ」をクリックします。

s01-DR08.gif


【10】サブフォーム名は「R04明細」のまま「完了」をクリックします。

s01-DR09.gif


【11】R03伝票とR04明細が合体しました。

s01-DR10.gif


【12】R03伝票の詳細セクションをクリックし、以下のようにプロパティを設定します。伝票ごとにページを変えるための設定です。

改ページ:カレントセクションの前
s01-DR11.gif

これで伝票レポートは完成です。


【13】既に印刷ボタンのプログラムは済んでいますが、レポート名が間違っています。F03伝票のコードを1ヵ所修正します。

Private Sub 印刷_click()

Res = MsgBox("印刷してよろしいですか?", vbYesNo, "印刷の確認")

If Res = vbYes Then
DoCmd.OpenReport "R02伝票", acViewPreview
Else

End If

End Sub

・誤 R02伝票
・正 R03伝票


【14】動作確認
F03伝票を開いて「印刷」ボタンの動作を確認してみましょう。
上手く動きましたか?


スポンサードリンク






Microsoft Access初心者入門講座 TOPへ