スポンサードリンク

Accessの小技テクニックを知っておくと便利。

Access(アクセス)の小技テクニックを知っておくとさらに便利になります。

Microsoft社Accessの基本的な使い方(テーブル、クエリ、フォーム、レポート、VBA)、
伝票と明細の関係、リレーショナルデータベースのテーブル設計を覚えたら、
業務システムならとりあえず作ることができます。

でもさらに使いやすいシステムに改良しようと思ったら、
次の段階ではAccessの小技と言うか、いろんなテクニックを知ることが大事です。

わざわざ覚える必要はありませんが、どんなことが出来るのか、一通り目を通しておくだけでも効果があります。

そしてもし必要になった時に、
「あっ、そういえば、どこかに書いてあったな」程度に思い出せるだけで十分です。

フォームの機能と同じことが、VBAプログラミングでも出来るとします。

フォームの機能でも出来ることを知っておくと、わざわざプログラミングする手間を省けます。

するとシステム開発する手間を大幅に削減することが可能です。

例えば、データの表示形式や、入力規則、入力モードの切り替えなどは、フォームのプロパティでも設定可能です。

また条件で書式を切り替えたり、データの絞り込みも、フォームの機能で出来ます。

よく使われるのは、今日の日付を自動入力したり、カレンダーから選択する技などです。

Accessのフォームには驚くほどたくさんの機能が用意されているので、

知っているか知らないかで、開発効率が大きく変わってくるのです。

小技テクニックはAccessのフォームだけでなく、クエリやレポート、VBA、SQLにもあります。

それらの小技テクニックを組み合わせることで、さらに便利な機能が実現できます。

たぶんかるく数百種類以上は方法があると思います。

大事なことですが、同じ機能を実現するにしても、方法はいくつもあります。

とりあえず、その中の一つを知っておくだけでOKです。

より効率的な方法、スマートな方法があるかも知れませんが、まずは目的が達成できれば、初級・中級レベルでは十分でしょう。

ではどうやってAccessの小技テクニックを学んだら良いのか?

実は簡単でインターネットには豊富な情報が掲載されているし、書籍も多数出版されています。

あなたが読みやすい本で良いと思いますが、おすすめは辞書的に調べられるものです。

目的から手段(方法)を探せる逆引きができると重宝します。

このような本は、逆引きリファレンスと言われることもあります。

探す時に参考にしてください。

プロのプログラマー達も、必要になったら調べていますよ。

ps:
このAccess初心者入門講座でも、これからは小技テクニックを紹介していきたいと考えています。

スポンサードリンク






Microsoft Access初心者入門講座 TOPへ